健康から遠のいてしまうタバコが止められない理由

今はタバコを吸う時代が当たり前になってきました。
しかし健康から遠のいてしまう存在であることは間違いないので本当は吸ってはいけません。
健康から遠のいてしまうのは分かっていてもついつい手が出てしまうのです。
では何故吸ってしまうのか?その理由を紹介したいと思います。

その理由はニコチンのせいかもしれません。
タバコには大量のニコチンが含まれています。

人は麻薬をしてしまうとその味が忘れられなくなり終いには止められなくなってしまうのです。
それと同じことなのかもしれません。

ニコチンの味が忘れられなくなり気が付いた時には何本もの吸殻が灰皿にあります。
つまりタバコに依存しているのです。
タバコ無しの生活には耐えられないかもしれませんね。

何か人を誘うような魔力が掛かっているかもしれないです。
止めようと思っても止める事が出来ないのです。
ですが、どこかで歯止めを掛けないと体が壊れてしまい幻覚を見たり幻聴が聴こえたりします。
そのような状況に陥ってしまうと生命の危機という足音がそこまで来ているかもしれませんね。
まぁ自分が良しとしてやっていることなのですからとやかく言う事ではないでしょう。
一度自分が危険な目に遭えば二度と吸わないことかと思います。