タバコを吸うことで将来死を迎えてしまう壊死

タバコを吸うと煙に含まれている有毒物質を沢山摂取してしまいますので様々な病気になります。
さて一体どのような病気になってしまうのでしょうか?

これから説明入りで紹介していきますね。

うつ病

タバコを吸っていると、ふと次のようなことが頭をよぎりませんか?
「このままだと何れ近い将来死を迎えることになるだろう」と頭をよぎるかもしれません。
そのような事を思うと悲しくなってきて心が病んだ状態になります。
誰にも心を開くことなく引きこもり状態が続くかもしれないです。

動脈硬化

動脈という血管を通っている血が停止してしまい体内に取り込んだものが詰まり血栓が出来るのです。
血栓が出来てしまうと赤血球=ヘモグロビンが行き場を失くしてしまい壊死してしまことでしょうね。
壊死から始まって段々と機能が低下してしまい死を待つだけになってしまいます。

高血圧

ニコチンを過剰に摂取することで血圧が大幅に上昇していきます。
血圧が上昇すれば吐き気や喀血などに見舞われること間違いなしです。

糖尿病

膀胱に石が詰まってトイレが上手く出来ません。
更に合併症があるので非常に厄介な存在となっています。

タバコを吸ってしまうと先に述べた病気に罹ってしまうこと間違いなしです。