タバコをあらゆる角度から見ていく事に致しましょう

人々の身近にあるタバコについてなのですが、まだまだ知らない人が居るかと思いますので詳しく説明していきたいと思います。

国内のタバコ市場

自動販売機に沢山販売されていますので誰でも気軽に購入することが出来ます。
しかも金額が非常に安い所が魅力的です。
なので年間にしたらもの凄い数が売れているんですね。
そして何よりも需要が高くなっています。

日本の喫煙率

男女別に吸う確率を分けていくと男性が7割程度で女性が5割程度になっていることでしょう。
しかも年々増えていっていますので今後は更に増えていくかもしれません。

諸外国の喫煙率

外国と日本を比較すると意外な事実が発覚しました。
今までタバコ大国と思っていた日本は実は第2位だったのです。
最も吸っている国は何と今竹島問題などで大きな溝が出来ている韓国です。
韓国人は吸わないイメージが定着しているかと思いきや実は無類のタバコ好きとなっています。

中・高校生の喫煙率

未成年は肺も弱いので本当は手を出してはいけないのですが親にバレないように隠れて吸っています。
男性が8割弱で女性が6割となっているのです。
もしかしてパーセンテージでは大人よりも上回っているかもしれませんね。
ですがホントは禁止行為とされているのですからバレた日には極刑は免れないかと思います。

siteinfo

タバコの害について

摂取すればするほどに成分でもあるニコチンが肺の中に溜まっていくのです。
なので肺ガンに比較的なりやすい体を作ってしまうことになるのです。
肺ガンだけではなく他にも成分が沢山入っていますので他の病気にも罹ってしまう可能性が大です。
これは専門家に聞いた話なのですが禁煙者よりも寿命が縮まってしまうというデータがあるんですね。
なので健康を維持して長生きしたいのであれば吸わないほうが利口かもしれません。

ここで肺ガンの他に考えられる限りの病気を説明も交えて紹介したいと思います。

咽頭がん
喉の奥にポリープのような出来物が出来てしまい満足に食事が喉を通りません。
そればかりか飲み物を飲むと吐き気がしたりするのです。
心筋梗塞
言わずと知れた心臓の病気ですね。
急に動機が激しくなり病状が進行すると呼吸困難になってしまい命を落としてしまうことでしょう。
口内炎
通常は熱い食べ物を食した時に出来るのですが煙を摂取することによって出来てしまうんですよ。

以上考えられる限りの病気の紹介でした。

これだけ説明すれば分かるとは思うのですが健康の天敵です。
自分から病気の中に飛び込んでいっているのだと思います。